【寒さ対策】光熱費(電気ガス代)を大幅削減できました!

築50年の中古住宅、電気ガス代がとてもかかるのが悩みでした。
今年は早いうちに寒さ対策を行ったおかげで、ガス電気代が大幅に改善しましたのでシェアします。

目次

2020〜2021年冬の光熱費まとめ

2020年11月〜2021年5月までのガス代推移をグラフで公開します。

2020年11月〜2021年5月までのガス代 63,686円
2019年11月〜2020年5月までのガス代 74,457円
10,771円のガス代削減

こちらは電気代です。

2020年11月〜2021年5月までの電気代 70,249円
2019年11月〜2020年5月までの電気代 128,451円
58,202円の電気代削減

合計68,973円の削減になりました。

石油ファンヒーターなどの家電の出費や、石油代をあわせたらプラマイゼロですね、今年は。
石油暖房は本当に暖かくて、快適に過ごせたのでそれは本当によかったです。

2020年12月請求光熱費

2019年11月
ガス代 11,806円
電気代 20,010円
計:31,816円

2020年11月
ガス代 9,906円
電気代 10,082円
計:19,988円

11,828円の削減になりました。

2021年1月請求光熱費

2019年12月
ガス代 13,564円
電気代 25,344円
計:38,908円

2020年12月
ガス代 13,404円
電気代 9,570円
灯油代 6,141円
計:29,115円

9,793円の削減になりました。

寒さ対策で行ったことまとめ

・エアコンをやめ、ダイニチ石油ストーブを導入

・オイルヒーターをやめ、電気毛布で寝る

・窓にプチプチを貼る

石油ストーブはエアコンよりも暖かいので、暖房効率が上がり、床暖のガス代も減ったと予想。
エアコンをつけないので乾燥もせず、エコ加湿器(自然気化式)で12月まで乗り切れました。
(私が持っているものはファーストバージョンで廃盤になっているようです。
セカンドバージョンをご紹介します。)

YouTube動画で詳しく説明していますので、よろしければご覧になってみてください。

光熱費削減できました!【おすすめ暖房器具】冬支度寒さ対策購入品を紹介。ダイニチ石油ファンヒーター/窓の断熱シートをDIY/暮らしのVLOG[快適コラム]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「中古住宅の快適暮らし」をテーマにYouTubeで動画を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる